肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


指圧療法

 

私達の体の中には、
約5〜6リットルもの血液が流れています。

 

その血液がスムーズに体を巡っていれば、
何の問題もありません。

 

ですが、スムーズに流れなくなると、
様々な障害が発生し、病気を招く恐れがあります。

 

今、必然的に流行っている(?)肩こりも、
その血液の流れが大きく関係しているのです。

 

肩こりの主な原因と言われるのは、血行不良になります。

 

血液の流れが悪くなることで、
肩や首、背中などにこりや痛みを生じているのは、
良くご存知のことと思います。

 

肩こりを改善するには、血行を促進することです!

 

血行を促進する方法には、
一般的に行われている温熱療法や運動療法が有名ですが、
実は、日本には古来から法律で認められている
治療があることをご存知でしょうか?

 

「指圧」という言葉をお聞きになったことはありませんか?

 

指圧は、手指を用いて体のこりをほぐし、
血行を促進してくれる手技療法になり、
国家資格が必要になるあん摩マッサージ指圧師と
指圧、マッサージがあります。

 

これらは、すべて手指を用いて行いますが、
あん摩マッサージ、マッサージに関しては、
揉む、さする、叩くといった方法を取り、
体に刺激を与える療法になります。

 

ですが、指圧は、さする、叩くはありません。

 

指の腹や手のひらを用いて、
こりのある部位に徐々に圧をかけていき、
こりをほぐす療法になるのです。

 

こりのある部分に垂直圧をかけるので、
マッサージのようにもみ返しの心配もありません。

 

ちなみに、「指圧」は日本古来の療法になりますが、
あん摩は中国生まれ、マッサージはヨーロッパで行われてきた療法になります。

 


スニーカー通信