肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


運動療法

 

肩こりの症状を改善するには、運動療法がおすすめです。

 

運動療法といっても、そう難しいものではありません。

 

お風呂上がりや就寝前に、
ヨガやストレッチなどを行っている方も多いと思います。

 

そのヨガやストレッチも、
肩こりの症状を改善する運動療法になるのです。

 

肩こりは、肩、首、肩から背中にかけての筋肉の張りとだるさ、
痛みなどの症状を総じて肩こりと言います。

 

肩こりの最大の原因は、血行不良と言われています。

 

長時間同じ姿勢を保っていれば、
肩や肩周辺の筋肉が硬くなりますが、
その筋肉の突っ張りが血液の循環を悪くし、
血行不良を招くのです。

 

ですので、肩こりを改善したい方は、
血行を促進すること!

 

硬くなった筋肉をやわらげ、
血行を促進する運動を積極的に行うことをおすすめします。

 

では、肩こりに効果のある運動を紹介したいと思います。

 

お風呂上がりが最適ですが、就寝前でもOKです。

 

無理せず続けることに意味がありますので、
毎日継続して行いましょう。

 

まず、ソファに座り、お腹の前で両手を組みます。

 

背筋を伸ばして、両肩を後ろに3〜5回程度まわします。

 

同様に、前に3〜5回まわし、
お腹の前で両手を組み、深呼吸をします。

 

続いて、両手を真横に広げ、
そのままゆっくりと前に動かし両手を合わせ真横に広げます。

 

真横に腕を伸ばしたまま、頭の上でポン!

 

これで硬くなった筋肉を柔らかくする運動は完了です。

 

この運動を、できれば10回行いましょう。

 

1〜2ヶ月間、運動を継続しても改善しない場合は、
他に原因があるかもしれませんので、
早めに病院に行き医師の診察を受けることをおすすめします。

 


スニーカー通信