肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


薬物療法

 

肩こりで病院に行くと、物理療法で緩和できる症状であれば、
温熱療法やマッサージ療法などを行い、
時間をかけて症状を緩和させていく方法を取ります。

 

ですが、症状が重く、強い痛みを感じ
生活に支障を来す恐れがある症状に関しては、
その痛みを早期に軽減するため、
薬物療法を勧められる場合もあるとのことです。

 

薬物療法と聞くだけで、敬遠される方もいらっしゃいますが、
ドラッグストアや薬局などで購入している湿布薬を使用した治療法も、
薬物療法の一つになります。

 

では、病院で行われている肩こりの薬物療法について、
説明したいと思います。

 

まず、代表的な薬に筋肉弛緩剤があります。

 

その他には、ステロイド剤、抗うつ薬、
漢方薬、鎮痛薬などが用いられます。

 

ステロイド剤は常習性があり敬遠される人も多いのですが、
強い痛みを伴う肩こりの場合は、
即効性のあるステロイド薬が用いられます。

 

また、肩こりの症状が心身的なものから発生している場合は
抗うつ薬を使用します。

 

体への負担を考えた場合、患者さんが希望される場合には
漢方薬を使用します。

 

頭痛を伴った肩こりの場合には、
痛みを抑える効果のある鎮痛薬が処方されるとのことです。

 

ちなみに、筋肉弛緩剤は効き目が穏やかなので、
副作用の心配が少ないというメリットがあります。

 

ステロイド剤に関しては、
様々な憶測が飛び交う薬ではありますが、
強い薬であるということは間違いありません。

 

強力な抗炎症作用、免疫抑制作用を持っているため、
即効性があるというメリットはありますが、
使用し続けることで副腎皮質機能を弱め、
処方を停止しても回復しにくいというデメリットを持っています。

 

医師の説明を聞いた上で判断し、
用法用量を守り服用されることをおすすめします。

 


スニーカー通信