肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


物理療法

 

肩こりで病院へ行くと、症状にもよりますが、
そう重くない症状の場合は、物理療法を勧められます。

 

物理療法とは、温熱療法を始め、
マッサージ療法、電気機器を使用した刺激療法、
けん引療法などがあります。

 

電気器具を使用し、熱や電気を用いて行う治療法は、
肩こりの一般的な治療法とも言え、理学療法の一種になります。

 

では、それぞれの治療法について、
簡単に説明したいと思います。

 

まず、温熱療法についてですが、
痛みのある患部を電気器具などを用いて温め、
硬くなった筋肉を伸ばし、
症状を和らげることを目的とした治療法になります。

 

次にマッサージ療法ですが、
人の手や腕、器具などを使用して筋肉のこりをほぐし、
症状を緩和させる治療法になります。

 

治療には、自費診療と保険診療がありますが、
保険診療には制約があり、時間をかけて十分な治療を
受けることができないというデメリットがあります。

 

続いて刺激療法ですが、
低周波を用いた治療法が一般的です。

 

患部に刺激を与えることで血行が促進され、
筋肉のこりをほぐす効果があります。

 

最後は、けん引治療法についてです。

 

けん引療法は、腰椎や頚椎をけん引する装置を用いて、
筋肉を伸ばすことを目的にした治療法になります。

 

用意された椅子に座り、
上からぶら下がっているひも状のものに顎を乗せます。

 

肩の力を抜いて体の緊張を解いたらスィッチオン!

 

ひも状のものがゆっくりと上に引っ張られるのですが、
その上に引っ張る力で、首と肩の筋肉を伸ばし、
こりをほぐしていきます。

 

慣れないうちは、首と肩に多少の痛みを
感じる方もいらっしゃるとのことです。

 


スニーカー通信