肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


保存療法

 

整形外科で行う肩こり改善法の一つに保存療法があります。

 

保存療法をご存知ない方のために、
詳しく説明したいと思います。

 

保存療法とは、手術を試みず、
現状の状態を保って様子をみながら、
改善策を試みようという方法になります。

 

ちなみに、保存療法には、一般的な理学療法を始め、
物理療法、運動療法、温熱療法、けん引療法があります。

 

一般的な理学療法は、理学療法士によって行われます。

 

理学療法士が、あなたの体全体を確認し、
肩こりの原因となっている筋肉、関節を確認、
歪みや曲りをマッサージなどによって改善し、
痛みを和らげるのが、理学療法になります。

 

続いて、物理療法についてですが、
一般的には、低周波やマイクロ波などを発生する専用器具を使用し、
痛む部位の温め、適度な刺激を与えることで、
血流改善を目的としたのが物理療法です。

 

次に、運動療法ですが、
こちらはストレッチやエクササイズを行い、
肩こりの原因となっている筋肉を和らげ、
痛みを緩和する方法になります。

 

次に、温熱療法ですが、こちらはその言葉通り、
痛む部位を温めることによって、
血流を改善し、筋肉の緊張をほぐし、
肩こりの痛みを緩和させる方法になります。

 

最後に、けん引療法についてですが、
整形外科に行かれたことのある人は目にしたことがあるかもしれません。

 

専用器具に顎を乗せ、ゆっくりと首を上に引っ張ることで、
椎間板の負担を減らし、肩こりを緩和する方法になります。

 

ただ、これらの保存療法を行えば、
確実に肩こりが改善されるというワケではありません。

 

3ヶ月から数ヶ月続けて通っても良い効果を得られない場合は、
相性の良い医師に出会うためにも、
セカンドオピニオンを考えることをおすすめします。

 


スニーカー通信