肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりとヘルペスの関係

 

帯状疱疹という言葉を、
お聞きになったことはありますでしょうか?

 

では、ヘルペスはいかがでしょうか?

 

ヘルペスという言葉を聞くと、真っ先に思い浮かべるのが、
口唇ヘルペスではないでしょうか?

 

実は、この口唇ヘルペスも帯状疱疹も、
ヘルペスの一種なのです。

 

ちなみに、ヘルペスには、
単純疱疹と帯状疱疹の2種類があり、
口唇ヘルペスは、単純疱疹になります。

 

帯状疱疹の最大の特徴は、
チクチクした刺激をもった痛みを伴うこと!

 

症状が進むにつれて赤みがかり、
やがてその赤みが水ぶくれへと進行していきます。

 

帯状疱疹になる原因は、
子供の時にかかった水疱瘡にあります。

 

水疱瘡のウィルスは完治しても、
私達の体の中にひっそりと潜んでおり、
疲労や免疫力が低下したことにより体力が落ちた時に、
帯状疱疹として現れてくるのです。

 

初期段階では、ピリピリした痛みや
チクチクした痛みがある場合と、
倦怠感、肩こり、首こりなど、
風邪に似た症状が発生する場合もあるとのことです。

 

帯状疱疹になった場合の対策についてですが、
ピリピリチクチクした痛みが水ぶくれになるまでに約3〜4週間。

 

早期に発見され、適切な治療を受けるのが早ければ、
1〜2週間で症状は改善されてきますが、
ただの肩こり、神経痛だと安易に考えてしまって治療が遅れれば、
1ヶ月以上かかる場合もあるとのことです(><)

 

帯状疱疹になった方はご存知だと思いますが、
疱疹が体全体に広がり様々な部位に水疱ができる場合がありますが、
この状態はウィルスが血液に運ばれ
広がったことを意味しているとのことです。

 


スニーカー通信