肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりと咳の関係

 

肩こりは、万病の元!

 

いつからか、こう言われるようになりました。

 

その理由の一つにパソコンの普及があります。

 

パソコンが普及したことにより、
眼精疲労による肩こり、
姿勢の悪さが原因となる肩こり、
運動不足による肩こりを引き起こしているのです。

 

現代社会が生んだ現代病の一つと言っても
過言ではありません。

 

冬でもないのに風邪を引きやすくなったと言う方が、
増えていることをご存知でしょうか?

 

長時間のデスクワークで、眼精疲労、
ストレス、頭痛、睡眠不足などが原因となり、
免疫力が低下し、菌・ウィルスに弱くなった人が、
増加したことが大きな理由です。

 

風邪を引くと、必ずではありませんが咳が出ます。

 

風邪を引いた覚えもないのに咳が出る時もありますが、
実は、その咳こそが、肩こりの原因となっているのです。

 

ちなみに、喘息の発作は肩こりの症状が重くなった時ほど
起こりやすくなるとのことです。

 

なぜ、咳が出ると肩こりが起きるのかと言いますと、
咳が出ると自然と肩の筋肉が硬くなるからです。

 

硬くなった肩の筋肉が気管支とつながっている末梢神経を圧迫すると、
気管支の筋肉を更に硬くするため、肩こりの症状を発生させているのです。

 

風邪が完治したのに、いつまでも咳が止まらない(><)

 

こんな場合は、肩こりを疑うことをおすすめします。

 

まず、内科医を受診し、
その後で整形外科を訪ね、専門医に相談しましょう。

 

咳は、夜、ぐっすりと眠れないこともあり、
生活に支障を及ぼします。

 

早めに原因をさぐり、適切な処置を受けることが、
最善の解決策です。

 

体に負担をかけないためにも、
早めに治療を受けることをおすすめします。

 


スニーカー通信