肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりと逆流性食道炎の関係

 

昨今、ストレスが原因となり、
胃の痛みや不眠、便秘、下痢などの様々な症状を発生させ、
ドラッグストアや薬局などで薬を購入したり、
また、病院に通う方が増えていると耳にしました。

 

中でも、逆流性食道炎は、年配の方だけでなく、
若者の間でも主流になりつつある病気の一つとなっているとのことです。

 

ちなみに、逆流性食道炎とは、本来であれば、
口から摂取した食べ物が胃に入り消化されるものが、
きちんと消化されず、食道に逆流する症状を言います。

 

その逆流性食道炎の原因は、
喫煙、食べ過ぎ、過度なアルコール摂取、ストレスの4つです。

 

主な症状は、胸やけ、胃の痛み、
動悸、吐き気などとなっています。

 

逆流性食道炎で注意しなければならないことが一つあります。

 

実は、これらの症状に悩み、逆流性食道炎だとの診断を受け、
医師から処方された薬を服用しても、完治されることはありません。

 

薬による治療は、
一時的な解決にしかならないことがあるとのことです。

 

逆流性食道炎の症状に気づかず治療が遅くなれば、
一生付き合わなければならない恐れがあることを知っておきましょう。

 

いつもと違う症状がある際は、早めに病院に行き、
診察を受けることをおすすめします。

 

では、その逆流性食道炎が肩こりと関係があることについて、
説明したいと思います。

 

肩こりになる方に多い猫背(><)

 

姿勢の悪さが、肩こりの原因となるのです。

 

逆流性食道炎になると胃を庇うためか、
知らず知らずに背中を丸め、
猫背になっている方が多いことをご存知でしょうか?

 

その猫背が肩こりを発生させるのです!

 

逆流性食道炎の早めの治療が、
肩こり改善への早道でもあるのです。

 


スニーカー通信