肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりと中耳炎の関係

 

普段何気なく聞いている周囲の音は、
顔の両側にある耳で聞いています。

 

当たり前と言えば、至極当たり前の話なのですが、
耳は話し声や音を聞くだけではありません。

 

実は、私達の体の平衡器としての働き、
耳の中に入ってくる空気圧を調整する大事な役割を持っているのです。

 

ちなみに、耳は、外耳、中耳、内耳から成り立っています。

 

外耳で音を集め、中耳に伝えた後、鼓膜で振動を拾い、
その振動を拡大しつつ内耳へと伝えるという働きを行っているのです。

 

そんな大事な役割をもつ耳ですが、
何らかのアクシデントで炎症を起こす場合があります。

 

それが、中耳炎です。

 

実は、中耳炎と肩こりには関係があるのです。

 

まず、中耳炎について簡単に説明したいと思います。

 

分かりやすく言えば、鼓膜の奥にある中耳に
炎症が発生した状態のことを言います。

 

中耳に何らかの傷がつき、
その傷に細菌などが感染し炎症を起こし、
その炎症部分に膿がたまり、痛みや発熱、
耳漏などの症状を発生した状態を言います。

 

耳鳴りが多い方は、要注意です!

 

耳鳴りは、中耳炎の合図でもあります。

 

初期のうちに適切な治療を受けておかないと、
いつの間にか症状が重くなり、
肩こり、難聴などを発症させることも(><)

 

慢性化した肩こりは、しばしば頭痛を伴いますが、
その痛みの方向が頭に行かず、耳に向かう場合があるのです。

 

耳の奥で針で刺すような痛みがあるのが特徴で、
この痛みは中耳炎の痛みと似ているため、
よく間違われるそうです。

 

耳鳴りが気になる方、耳に痛みがある方は、
症状が進行する前に、早めに耳鼻咽喉科を訪問され
診察を受けることをおすすめします。

 


スニーカー通信