肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりと顎関節症の関係

 

あなたは、歯並びに自信がありますか?

 

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなります(><)

 

噛み合わせが悪いと、
虫歯や歯周病にかかる確率が高くなるだけでなく、
顎の関節に歪みが発生する顎関節症や、
首の筋肉を始終緊張させるせいか、
肩こりを発生させる原因にもなってしまうのです。

 

また、日中のストレスのせいで、
就寝中、知らず知らずのうちに
歯ぎしりをしてしまっている人は居ませんか?

 

実は、就寝中の歯ぎしりも、
顎関節や背骨を歪ませてしまう原因となっているのです。

 

顎関節症が悪化すると、首や肩のこりを強く感じるようになり、
その痛みを我慢するため顎を食いしばり、その食いしばりが、
更に顎の関節の歪みを進行させるという悪循環に陥ります。

 

片方だけの奥歯で噛みしめるようになった、
今まで感じてなかった顎の痛みに気がついた時などは、
面倒がらずに早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 

ただの肩こりだと安易に考えた結果、
顎の関節に加え、大事な背骨まで歪めることになってしまうのです。

 

それから、昨今はパソコンの普及により、
業務などでパソコンを使用する人が増えており、
長時間同じ姿勢で過ごすことが多く、
無意識のうちに歯を食いしばる人が増えていると聞きます。

 

その食いしばりこそが、顎の歪みを発生し
肩こりの原因となっているのです。

 

食いしばりは、自分自身で意識して行う行動と違い、
無意識のうちにしてしまうクセになりますので、
一度付いてしまうとなかなか治りません。

 

軽いクセならば、周囲の人の協力を仰ぎ、意識して治しましょう。

 

歯を破損するほどの重いクセとなっている人は素人判断をせず、
専門医を訪ね相談されることをおすすめします。

 


スニーカー通信