肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりと蓄膿症の関係

 

蓄膿症をご存知でしょうか?

 

蓄膿症にかかり、耳鼻咽喉科に通われている方は
よくご存知だと思います。

 

ですが、蓄膿症は経験者でなければ、どんな症状があり、
どのような治療を受けるのか、
ご存知ない方の方が多いと思います。

 

実は、蓄膿症と肩こりとは、
少なからず関係があるのです。

 

肩こりでお悩みの方で、
蓄膿症の症状がある方は特に要注意です。

 

蓄膿症の原因としては、食べ過ぎだそうです(><)

 

胃が強く、いくら食べても何のアクシデントもなく、
消化不良などを起こさない方は、
蓄膿症になる確率が高くなります。

 

調子に乗って食べ過ぎてしまい、鼻水が出たり、
鼻が詰まったりした経験はありませんでしょうか?

 

飲み過ぎた翌朝、風邪も引いていないのに喉が痛い、
鼻水が止まらないなどの症状が出たことはありませんでしたか?

 

食べ過ぎ・飲み過ぎたせいで、
腎臓に大きな負担がかかり、
これらの症状が発生するのです。

 

ちなみに、蓄膿症には、インフルエンザや
風邪が引き金となり発症する急性蓄膿症と、
風邪の症状を何度も繰り返すことで発症する
慢性的な蓄膿症があります。

 

蓄膿症を長く放置してしまい悪化させた場合についてですが、
鼻水、鼻の詰まり以外に、鼻の奥に強い痛みを何度も感じていると、
その痛みが頭へと走り頭痛となります。

 

その頭痛が、肩こりの原因を作るのです!

 

その頭痛の痛みを緩和しようと、
市販されている一般的な鎮痛薬を購入しても、
蓄膿症が原因の頭痛には、市販の鎮痛薬では効果は見込めません。

 

改善されない場合は、蓄膿症を疑い、
早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 


スニーカー通信