肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりと狭心症の関係

 

肩こりで悩む人は居ないのでは・・・

 

そんな声も聞こえてくる肩こりですが、
実は、その肩こりに危険な病気が隠れているかもしれないのです。

 

肩こりは、その名称の通り、
肩にこり、痛みが発生する症状です。

 

ですが、単なる肩こりの痛みと考えていたら、
心臓病の一つである狭心症だったなんてことも、
少なくありません。

 

肩こりの痛みは、狭心症の前触れかもしれないのです。

 

狭心症とは、心臓にある冠動脈の血流が悪くなることで、
心臓の機能に障害をもたらす病気になります。

 

心臓は休む間もなく働いてくれています。

 

常時、体全身にスムーズに血液を運ぶという、
私達が生きていくために必要な働きをしてくれているのです。

 

しかも、心臓は一つしかありません。

 

腎臓のように複数ある臓器ではありませんので、
代わりが効かないのです!

 

この働きに支障が生じると、
十分な血液を運ぶことができなくなり、
胸を強く締めつけるような痛みが発生します。

 

この痛みが、病巣よりも遠くに表れる放散痛となり、
左肩などに表れるのです。

 

その痛みを肩こりの痛みと勘違いしてしまうのです(><)

 

左肩だけにだるさを伴った痛みがある場合は、
狭心症を疑いましょう。

 

ちなみに、狭心症の症状としては、
胸が締め付けられるように痛む、
胸の奥に焼けつくような強い痛みがある、
胃や背中の痛み、左肩から腕にかけて
痛みやしびれなどがあります。

 

これらの症状に気づいた時は、
手遅れにならないうちに、
専門医の診察を受けることをおすすめします。

 

最後に、狭心症は、肋間神経痛と間違えて
診断されやすい病気です。

 

神経痛とは違った症状がある場合は、
その症状について事細かに医師に伝え、
診断を仰ぐことが大切です。

 


スニーカー通信