肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりの診察方法

 

肩こりの症状に悩んでいる方で、
まだ医療機関に診察に行ったことがない方のために、
診察方法について説明したいと思います。

 

肩こりに悩んだ時は、
どんな病院の何科に行って診察を受ければよいのかと、
不安になったことはありませんか?

 

肩こりの場合、
一般的には、整形外科を受診しましょう。

 

ただの肩こりの場合は
接骨院でも問題ありません。

 

ですが、肩こりの他に手足のしびれや吐き気、
立ちくらみ、動悸などの症状が伴う場合は、
整形外科、もしくは、神経内科を受診されることをおすすめします。

 

では続いて、医療機関に行った時の診察方法について、
説明したいと思います。

 

ほとんどの医療機関では、
初めての患者に対し、問診表なるものを手渡します。

 

問診表には氏名、住所、連絡先などの個人情報を始め、
痛む箇所、いつから痛むのか、どんな風に痛むのか、
その他にはどこが痛むのかなど、
肩こりの症状についての質問があります。

 

医師はその問診表に従い、視診、触診を行い、
あなたの症状を確認します。

 

その際、必要に応じてになりますが、
超音波画像観察装置による検査をする時もあります。

 

ちなみに、超音波画像観察装置とは、
一般的には、エコーと呼ばれています。

 

レントゲンと勘違いされている方も多いと思いますが、
超音波画像観察装置(エコー)はレントゲンと違い、
放射線を浴びる心配がありません。

 

また、レントゲンでは診れない筋肉、骨、
靭帯、腱などを診ることができる上、
人体に害がないので妊娠中や産後の方でも、
安心して検査を受けることができます。

 


スニーカー通信