肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりとうつ病の関係

 

実は、うつ病と肩こりには、大きな関係があるのです。

 

ですが、肩こりで悩まない方には
何のことかと疑問になると思いますので、
経験者であるAさんの経験談を紹介したいと思います。

 

Aさん(35歳)

 

ある日突然、会社に行くのがツラくなり、
夜眠れなくなりました。

 

夜中、異常と言えるほどの汗を掻き、
動悸が激しく寝付けなくなり、
家族に勧められ、心療内科へ行きました。

 

診断の結果は、「うつ病」です。

 

それをきっかけに、会社に休職届を提出し、
治療を開始しました。

 

その頃から考え事が多くなり、
睡眠不足に陥りました。

 

また、その睡眠不足が原因なのか、
頭痛、吐き気にも悩まされることに。

 

医師から伺ったのですが、
うつ病の症状に悩む人は、15人に1人の割合だそうです。

 

しかも、うつ病の方はほとんどの患者が、
頭痛や腰痛、肩こり、吐き気などの症状を持っているものだと伺い、
私だけじゃないと安心し、平穏に生活することができています。

 

今は、気分転換に散歩をしながら、
社会復帰を目指しているところです。

 

人は、誰でもそうだと思いますが、悩み事や考え事があると、
ずっと同じ場所に座り、同じ姿勢のままで体を動かさない方が多いそうです。

 

そうしますと、筋肉が固まり血行不良に(><)

 

また、肩こりの痛みのせいで寝つきが悪くなると、
疲労回復が遅くなるため、体調の悪化のストレスからイライラが募り、
更に体調を崩してしまい、吐き気、動悸などの症状を伴う
うつ病を発症することになるのです。

 

うつ病と肩こりの関係は、
このようなメカニズムなっています。

 


スニーカー通信