肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりと生理中の関係

 

男性に比べ、女性の肩こりで悩む方が多いのは、
生理があるからです。

 

生理前、生理中は肩こりの痛みが酷くなるため、
医師に処方された鎮痛薬の他に、
ドラッグストアや薬局などで湿布薬などの肩こり改善グッズを購入し、
愛用しているとおっしゃる方も少なくありません。

 

「なぜ、生理中に肩こりが?」と
疑問に思ったのではないでしょうか?

 

実は、生理中は、貧血状態になっているからです。

 

その貧血が血行不良を起こし、
肩こりの症状を発生しているのです。

 

生理中の肩こりは、頭痛を伴う方が多く、
その頭痛のために夜中何度も目が覚め、
睡眠不足に陥る悪循環を招くことも(><)

 

ただ、生理中の頭痛は、
通常の頭痛薬では効果がないそうです。

 

その理由は2つあります。

 

生理中の出血のために貧血状態が続いており、
血の量が足りていないこと。

 

ホルモンバランスに乱れが生じていること。

 

この2つです。

 

また、生理中に女性ホルモンの分泌される量が著しく減少すると、
片頭痛と呼ばれる頭痛を起こす可能性が高くなるとも言われています。

 

片頭痛は、一度は経験があると思いますが、
あのズキンズキンという痛みがある頭痛のことを言います。

 

この片頭痛の痛みは、
ホルモンバランスの乱れが原因で発生しますので、
通常の鎮痛薬では緩和することができないのです。

 

生理中の肩こりを改善するには、
ホルモンバランスを整えることです。

 

そのためには、イソフラボンを
積極的に摂取されることをおすすめします。

 

イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするため、
女性ホルモンを補うことができるのです。

 

ちなみに、イソフラボンは、豆乳、おからなどの
大豆製品に多く含まれています。

 


スニーカー通信