肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりとアルコールの関係

 

アルコールは、昔から「百薬の長」と言われ、
少量のアルコール摂取は、
体に良い効果をもたらせると言われています。

 

ですが、その反対に、「お酒で身を滅ぼす」、
「お酒で体をダメにする」なんてことを
言われることもあります(><)

 

とどのつまり、アルコールは
体に良い効果をもたらすものなのでしょうか?

 

それともやはり悪い影響があるのでしょうか?

 

この答えは、簡単!

 

「過ぎたるは猶及ばざるが如し。」

 

何事も程ほどが良いのです。

 

少量のアルコール摂取は、血行促進効果があり、
仕事などで疲労した体の緊張をほぐし、
リラックス効果があります。

 

また、アルコールを摂取することで、
気分転換ができ、ストレス発散効果も!

 

肩こりでお悩みの方は、
少量のアルコール摂取をおすすめします。

 

アルコールは、体の血行を促進し
冷えを解消してくれます。

 

そのため、就寝前などに摂取して眠ると、
体が温まりぐっすりと眠れる効果もあります。

 

ぐっすり眠れると、疲労回復が早くなり、
翌朝にまで疲労が残ることもありません。

 

ただ、肝臓疾患などの病気を持たれている方、
アルコールを飲みなれない方、
アルコールに弱い方が摂取される場合は注意が必要です。

 

私達が摂取したアルコールは、肝臓で分解され、
体全身に運ばれた後、水分・二酸化炭素に分解されます。

 

過度なアルコール摂取は、分解する機能が追いつかず、
臓器を傷める結果となってしまうのです。

 

また、糖分を多く含んだアルコールを
過度に摂取することで血糖値が高くなります。

 

血糖値が高くなると、
肩こりの原因となる血行不良を招くのです。

 

くれぐれも、飲み過ぎには注意です!

 


スニーカー通信