肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりとマグネシウム不足の関係

 

肩こりは、血行不良を始め、
疲労、ストレスなどが原因だと言われています。

 

その他には小食、偏食による栄養不足も、
肩こりの原因となることが知られています。

 

疲労による肩こりには、クエン酸がおすすめです。

 

クエン酸には、疲労の元となる乳酸を代謝する働きがあり、
筋肉の疲労を軽減するという大きなメリットを持っているのです。

 

ちなみに、クエン酸が含まれる食品には、梅干しの他、
レモン、ゆずなどの柑橘類、酢が有名です。

 

それから、もう一つ!

 

肩こり改善に必須な栄養素があります。

 

それが、マグネシウムです。

 

実は、マグネシウムは、ほとんどの人が
一日に必要な量が摂取できていません。

 

マグネシウムが不足すると、
睡眠不足を始め、パニック症候群にうつ病、
喘息、肩こり、糖尿病、高血圧、
腎臓・心臓疾患などを発生する恐れがあります。

 

例えば、睡眠不足による不眠症ですが、
マグネシウムが不足すると、深い睡眠を取ることができず、
夜中、何度も頻繁に目が覚め、ぐっすりと眠ることができません。

 

これは、睡眠システムに欠陥が生じるために、
何度も目が覚めてしまうのです。

 

人は、質の良い睡眠が取れなくなると、
疲労回復が遅れ、疲労が蓄積します。

 

疲労した筋肉は、睡眠によって回復するのですが、
睡眠が十分に取れないために筋肉がリラックスできず、
血行不良を招いてしまうのです。

 

夜中に何度も目が覚める方は、
マグネシウムを多く含む食品を
積極的に摂取されることをおすすめします。

 

マグネシウムを多く含む食品には、
私達が毎日食べている白米を始め、
枝豆、納豆、油揚げなどがあります。

 


スニーカー通信