肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりとメガネの関係

 

パソコン・スマートフォンなどの普及により視力が悪くなり、
メガネやコンタクトレンズを使用される方が増えているとのことです。

 

ですが、実は、そのメガネが
肩こりの原因となっていることをご存知でしょうか?

 

ほとんどの方が、一度メガネを購入すると、
そのメガネが何らかの理由で壊れるか、
紛失するなどのアクシデントがない限り、
使い続けるのではないでしょうか?

 

視力が変わる度にメガネ屋さんに足を運び、
レンズの調整を行う方は、いらっしゃらないと思います。

 

しかし、悲しいことですが、
新しくメガネを作った時と、
1年後2年後の視力が同じとは限りません。

 

数年、同じメガネを使用し、レンズを変えてない方は、
一度、眼科医、または、メガネ屋さんに行き、
視力を計ってもらいましょう。

 

度の合わないメガネを使用することによる眼精疲労は、
肩こりの原因にもなります(><)

 

しかも、日常的にメガネをかけている方は疲労が激しく、
肩こりも慢性化しやすい状況にあるということを憶えておきましょう。

 

レンズを見直すタイミングは、
できれば、2年に1度が妥当だそうです。

 

その際、視力検査の他に、
メガネのかけ具合も見てもらうと尚良いでしょう。

 

ちなみに、見直すタイミングは、
メガネだけでなく、コンタクトレンズにも言えるとのことです。

 

また、コンタクトレンズは
ドライアイのきっかけにもなります。

 

目がしょぼしょぼし出したら目を休ませるか、
目薬を差すなどのケアを行いましょう。

 

慢性の肩こりにお悩みの方は、
安易に頭痛薬などの薬を服用し、
その場限りの処置を行うより、
定期的に眼科医や整形外科医に通い検査を受け、
根本から改善されることをおすすめします。

 


スニーカー通信