肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりとカバンの関係

 

パソコン・スマートフォンなどが普及し、
眼精疲労による肩こりの症状に悩む方が増えています。

 

ですが、肩こりの原因は、それだけではありません。

 

特に、女性は、お財布を始め、メイク道具、スマホ、
手帳などを持ち歩くために、カバンを持って出かけます。

 

仕事だけでなくプライベートでも、
必ずと言っていいほど、カバンを持って出かけます。

 

実は、そのカバンこそが、肩こりの原因です!

 

慢性化してしまった肩こりの原因は、
日常生活の中のちょっとしたクセ、習慣にあったのです(><)

 

あなたは、どちらの肩にカバンをかける機会が多いですか?

 

右ですか?

 

左ですか??

 

なぜか、人には、カバンがかけやすい肩があるようです。

 

専門家の方が仰るには、小さいころ幼稚園のカバンを
右側の肩にかけていた子供さんは右側の肩にかけるようになります。

 

同様に左側にかけていた子供さんは、
左側の肩にかける機会が多くなります。

 

そのため、片方だけの肩にかける習慣を持つ方は、
肩こりの症状を持っていると断言できるとのことです。

 

カバンを持つと、そのカバンの重みで体が片側に傾きます。

 

その傾きに何とか耐えようと、
姿勢を支えている筋肉が働きますが、
筋肉が必要以上に緊張すると、
こりを感じるようになり、肩こりを発生するのです!

 

例えば、右側の肩にばかりカバンをかける方は、
カバンの重みで右に傾いた肩を上げるため、
左側に体を倒すよう意識して歩くようになります。

 

結果、背中から首、肩周辺の筋肉が硬くなっていき、
肩こりを感じるようになるのです。

 

カバンによる肩こりを改善するには、定期的に交互にかけること、
肩への負担の少ないリュックサックを選ぶことをおすすめします。

 


スニーカー通信