肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりと胃もたれの関係

 

接骨院の先生から、肩こりに悩む患者さんは、
マッサージを受けた後、胃がスッキリして
食欲が増したと仰る方が多いと伺いました。

 

なぜ、肩こりを楽にするマッサージを受ければ、
胃もたれが改善されるのでしょうか?

 

胃もたれは、ご存知の通り消化不良が原因で発生します。

 

消化不良によって、胃に食べ物の残留感、膨張感が残り、
そのせいで食欲不振を発生することは、良く知られています。

 

ちなみに、胃もたれは、ストレスを始め、不規則な食事、
暴飲暴食や高カロリーの食事を継続したり、
飲酒、喫煙などが原因で発生するとのことです。

 

では、マッサージで胃もたれが改善される理由についてですが、
それは、マッサージにより、肩甲骨が正常な働きをするようになり、
自律神経が整えられるからだそうです。

 

肩こりは、自律神経が乱れても起こります。

 

接骨院などでマッサージを受けても、
胃もたれを伴う肩こりの痛みがある方は、
自律神経の乱れを疑いましょう。

 

また、食事をすると、当たり前ですが、
胃の中に食べ物が入ります。

 

その食べ物が長く滞在すればするほど、
胃が荒れやすくなり、胃もたれしやすくなります。

 

胃もたれしやすい方は、夜遅い時間の食事を控えることが、
最善の治療方法です。

 

食生活に気をつけても胃もたれを起こす方は、
東洋医学が勧める右半身を下にして寝る
”横向き寝”を実践されてみてはいかがでしょうか?

 

消化を助ける理想の寝姿勢となってい、
胃もたれが楽になるとのことです。

 

それから、糖分脂質の多い高カロリーの食事を控え、
ゆっくりと時間をかけて、
最低10回は噛んで食べることをおすすめします。

 


スニーカー通信