肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりと視力低下の関係

 

肩こりには様々な原因があることが知られていますが、
肩こりにより発生するものには、頭痛を始め、
めまい、吐き気のほか、ストレス、視力低下、視野狭窄などがあります。

 

テレビの見過ぎ、パソコンやスマートフォンが原因で、
視力が低下したと勘違いし、肩こりに気づかない方も意外と多く、
余程に肩や首に痛み、凝りを感じなければ、
肩こりによる視力低下だと気づかない方もいらっしゃるとのことです。

 

何気なく首の後ろを揉んでいる時に肩の凝りを感じ、
めまいや吐き気、視力の低下などの原因が、
肩こりだと認識する方も少なくありません。

 

日常生活で、パソコンでの作業、
業務を行っている方は、要注意です(><)

 

今や、パソコンでの業務は、
どの企業にとっても必要不可欠であると言えますが、
テレビを何気なく見てるよりも、
はるかに目を酷使するのがパソコンであり、
スマートフォンだそうです。

 

視神経が疲労すると、
目の周りや肩、首にある筋肉を緊張させ、
血行不良を発生します。

 

この血行不良が眼精疲労となり、
肩こりの症状を発生させるのです。

 

ちなみに、パソコンでの業務により視力が低下すれば、
メガネやコンタクトレンズを使用しなければなりません。

 

その場合、視力に合わせ、メガネ、
コンタクトレンズを矯正することになりますが、
矯正度が強い場合も肩こりの原因となるとのことです。

 

視力低下を防ぎたい方は、
パソコン業務の合間に外の景色を見て目を休ませたり、
ドライアイを防ぐために目薬を差したり、
腕や肩を回すなどの適度なエクササイズを行うことをおすすめします。

 


スニーカー通信