肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりと眼精疲労の関係

 

パソコン、スマートフォンなどが普及し、
眼精疲労による肩こりに悩む方が増えています。

 

実は、眼精疲労に悩む人のうち、
2人に1人が肩こりの症状があり、
肩こりに悩んでいるというデータがあるそうです。

 

「眼精疲労はどんな症状があるの?」と仰る方のために、
眼精疲労の症状について説明したいと思います。

 

眼精疲労は、視神経の機能が低下し、
ピントが合わせにくくなることを言います。

 

パソコン、スマートフォンを長時間見ていますと、
目がショボショボしたり、充血したり、
ピントが合わなくなってかすんできたりしたことはありませんか?

 

また、目が乾いてしまい、
ついついまぶたをゴシゴシと擦ってしまう。

 

まぶたがいつもよりも開きにくく感じるなる。

 

このような経験は、ありませんか?

 

これらは、全てドライアイの症状になりますが、
ドライアイも眼精疲労の一つなのです。

 

あなたは、目が疲れた時は、
どのような回復法を取っていますか?

 

ほとんどの方が疲れた目を休ませるために、
窓の外の景色を見たり、疲労を回復させるために
30分ほどの短時間の睡眠を取ったりなど、
目を休ませる努力をされているのではないでしょうか?

 

眼精疲労が進むと、集中力が低下するだけでなく、
頭痛、肩こり、倦怠感、イライラ、
吐き気や胃痛などが発生することが分かっています。

 

それらの症状が慢性化すると、
深刻な症状へと発展することも(><)

 

デスクワークなどで長時間パソコンを使用する方は、
1時間に10分程度は目を休ませ、
リフレッシュ効果のある目薬を差すなどを行いましょう。

 

すでに体調に何らかの兆しを感じている方は、
早めの対策を取られることをおすすめします。

 


スニーカー通信