肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


ドライヤーを使った肩こり解消法

 

肩が凝った時、あなたはどんな処置をされますか?

 

接骨院、整形外科などに通い、
マッサージや電流を流すなどの処置を受けたり、
自宅でお風呂に入ったり、
使い捨て温カイロなどを貼るなどをし、
痛む箇所を少しでも温め、こりをほぐそうと
努力されているのではないでしょうか?

 

肩こりは、血行不良が原因だと言われています。

 

ですので、こりを感じた時は、まず血行促進!

 

血液の流れを良くすればこりがほぐれ、
楽になることは良く知られています。

 

一般的に用いられているのは、
使い捨てカイロになります。

 

昨今は、様々な機能を持ったカイロが販売されていますが、
肩こり患者にとって、衣類に貼って使用できる貼るカイロは、
体の冷え性対策もでき、一石二鳥の鉄板の
アイテムとなっているのではないでしょうか?

 

そのカイロと似た働きをしてくれるのがドライヤーです。

 

「ドライヤーでどうやって?!」
ビックリされる方も多いと思いますが、
凝って痛む箇所にドライヤーの温風を当てるだけです。

 

直接肌に温風を当てると、やけどの危険があります(><)

 

必ず洋服を着用した状態で、
低温に設定したドライヤーを
洋服から10センチ以上離れた場所から当てていきましょう。

 

その際、注意点が2点あります。

 

一つ目は、同じ箇所に長時間当てないこと!

 

二つ目は、長い髪の方は、
必ず髪をまとめてゴムなどで縛った状態で行うこと!

 

以上の2点です。

 

一人でできない場合は、ご家族に協力を願い、
当ててもらうと、より安全に行うことができます。

 

最後に、ドライヤーを当てる時間の目安についてですが、
1回5〜10分前後が妥当の時間とされています。

 


スニーカー通信