肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


ゴムバンドを使った肩こり解消法

 

肩こりを治したい!

 

でも、お金はかけたくないと仰る方には、
ゴムバンドを使った2パターンの
肩こり解消法を紹介したいと思います。

 

このゴムバンドを使った解消法は、
肩こりだけでなく首のこりにも有効ですので、
首こりでお悩みの方にもおすすめです。

 

頭の重さは、平均6kgです。

 

その重さを首と肩で支えていることをご存知でしょうか?

 

また、パソコンなどを使用される際、
どうしても頭が前かがみになるため、
その重さを支える首の負担は倍増します(><)

 

ちなみに、この前に突き出た状態が、
ストレートネックの原因にもなっているのです。

 

では、一つ目のストレートネック、
肩こりを解消してくれる
ゴムバンドを使った解消法について説明します。

 

まず、ゴムバンドを両手に持ち、
2つに折って右手で持ちます。

 

その2つ折りのゴムバンドを背中に当て、
左右の脇の下を通し、前へ回してきます。

 

左右の肩にゴムバンドをかけてたすきがけにし、
首の後ろに回し交差させ、左右の脇の下を通して
ゴムバンドを前に出し、胸の辺りで結びましょう。

 

ゴムバンドをかけたままの状態で、
肩を後ろに5回、前側にも5回回した後、
首を前後に3回、左右に3回ずつ、
首の筋を伸ばすつもりでゆっくりと倒しましょう。

 

続いて、二つ目の解消法を説明します。

 

ゴムバンドを両手に持ち、
肩幅の広さの長さに調整しましょう。

 

左右の手で持ったまま息を吸い込みながら、
頭の上までゆっくりと上げていき、
息を吐きながら下に降ろします。

 

もう一度、頭の上まで上げた後、
体を倒さずに腕だけを右側、左側の順に倒しましょう。

 

ゴムバンドはタオルと違い伸縮する分、
体への負担が少ないのが特徴です。

 

始めやすい解消法となっていますので、
初心者さんにおすすめの解消法になります。

 


スニーカー通信