肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こり解消の僧帽筋のトレーニング

 

日本人は世界の中でも、
肩こりに悩む人口が多いと評判の国だそうです。

 

その原因は、デスクワークです(><)

 

パソコンが普及し、眼精疲労による肩こり、
姿勢の悪さから起こる肩こり、
同じ姿勢を長時間取ることで体を冷やし、
冷え性から起こる肩こりなど原因は様々です。

 

その肩こりを改善してくれるのが運動です。

 

でも忙しい日本人は、なかなか肩こり解消のための
時間を取ることができません。

 

あなたは、どんなストレッチをされていますか?

 

肩こりは、首から肩甲骨にかけてのコリがある方と、
僧帽筋のコリがある方など、様々な原因があるように、
痛む箇所も様々です。

 

ちなみに、僧帽筋とは、後頭部から背中にかけて
覆っている菱形をした筋肉になります。

 

仕事先などでパソコンに向かう際、知らず知らずのうちに、
背中を丸くし、その丸くした背中のまま、
長時間動かずに過ごしてはいませんか?

 

その姿勢は、僧帽筋を収縮させ硬くし
結果、肩こりに。

 

僧帽筋が硬くなってると感じる方は、
柔らかくするストレッチを行いましょう。

 

 

僧帽筋のストレッチの方法ですが、
肩幅に開いて立ち、両手をお尻の辺りで組みます。

 

組んだ両手を下へ押しますが、
その際、自然と胸が張ってくると思います。

 

その姿勢のまま5〜10秒停止し、力を抜きます。

 

続いて、背筋を伸ばしたまま、
頭を右前方へゆっくりと倒しましょう。

 

首、肩にハリを感じたら止め、30秒ほど停止します。

 

反対の左側も同様に行い、同じく30秒停止させます。

 

このセットを、できれば、2回行います。

 

体が冷えた状態で行うのは、危険です!

 

体が温まっているお風呂上がりがベスト。

 

心身共にリラックスして、行うことをおすすめします。

 


スニーカー通信