肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こり解消の温罨法

 

肩こりを改善する一番簡単で手っ取り早い方法は、
体を冷やさないことです。

 

冷え性に悩む女性の多くは、
ポカポカ成分と評判の高いショウガを積極的に摂取したり、
ラジオ体操や散歩、ウォーキングなどの
30分程度でできる運動を行ったり、
半身浴に岩盤浴などを定期的に行い、
代謝機能をアップさせる努力をされていることと思います。

 

そんな冷え性に悩む女性に、
肩こりも解消できる温罨法を紹介したいと思います。

 

ちなみに、温罨法とは、医療機関にて、
痛みや冷えのある部位を温めることで、
便秘や肩こり、腰痛などを改善する治療を言います。

 

この方法は、漢方医学になり、
熱熨法とも呼ばれています。

 

この温罨法は、医療機関に出向き実施するのがベストですが、
ご自宅でも近い治療ができますので、
その方法を紹介したいと思います。

 

用意するものは、フェイスタオル数枚、お湯、洗面器、バスタオル、
ビニール袋、ビニール手袋、時計もしくはストップウォッチになります。

 

洗面器に70℃前後のお湯を入れ、
そこに数枚のフェイスタオルを浸しましょう。

 

ビニール手袋をした手で浸したタオルを固く絞り、
タオルの温度を確認し、痛む肩に乗せます。

 

そのタオルの上にビニール袋とバスタオルを当て、
10分ほどそのままの状態で待ちます。

 

我慢できる熱さなら問題ありませんが、
肌の弱い方は少し低めの温度に変更しても構いません。

 

タオルを乗せて10分経ったら、
乾いたタオルで水気を拭けば終了です。

 

肩こりの場合は肩の部分だけを温めがちですが、
できれば、首から肩にかけて、
タオルを乗せることをおすすめします。

 


スニーカー通信