肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


ウォーキングは肩こりに効果ありますか?

 

冷えを改善し、肩こりの症状を緩和するには、
接骨院や整形外科に通い適切な治療を受けることが
最適な治療法になります。

 

ですが、仕事や家事などで忙しい毎日を送る人には、
その時間さえも取ることが難しいのではないでしょうか?

 

自宅で手軽に使用できるマッサージクッションや
低周波治療器などにも人気がありますが、
これらを購入するには当然のことですが、
多少のお金がかかります。

 

全くお金をかけずに肩こりが改善でき、
その上、体力強化にもつながるものにウォーキングがあります。

 

足の裏は第二の心臓と言われることをご存知でしょうか?

 

足の筋肉には、血液をスムーズに心臓に押し返す働きがあり、
ウォーキングすることで、体全身の血行が促進されるのです。

 

ただ、何気なく歩くだけではNGです。

 

まず、正しい姿勢を意識して、
ゆったりとした気分で歩くことから始めましょう。

 

丸まった猫背の背中で歩いては効果半減です!

 

正しい姿勢は、頭のてっぺんに糸があり、
その糸が上から引っ張られているようなイメージを意識して立ちます。

 

その姿勢のまま背筋を意識して伸ばし、
まっすぐ前を見て歩きましょう。

 

ちなみに、歩き方は、つま先から着地が基本の歩き方になります。

 

つま先を着地させてから踵を下ろすとリズミカルに歩くことができ、
初めてのウォーキングでも苦になりません。

 

それから、大きく腕を振ることで足が前に動くので、
「疲れたな」と感じた時は、意識して腕を振ることをおすすめします。

 

ウォーキングに慣れてきたら、肩周辺の筋肉を和らげるためにも、
腕をなるべく後ろに大きく振って歩きましょう。

 

そうすることで、肩周辺の筋肉が柔らかくなり、
血行促進、肩こり改善につながります。

 


スニーカー通信