肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


コーヒーは肩こりに効果ありますか?

 

頭痛には、片頭痛と言われる頭痛と、
激しい痛みが片側に起こる群発頭痛、
肩こりから起こる緊張性頭痛の3種類があります。

 

どれも同じ頭痛という呼び名ですが、
それぞれに原因が違い、それぞれに症状に違いがあります。

 

頭痛に効果があると言われるコーヒーですが、
肩こりから来る頭痛には効果がありません。

 

肩こりのこりや痛みを和らげるためと言い、
一日に何杯ものコーヒーを飲んでは、
胃を荒らすことになり、肩こりの症状以外に、
胃腸傷害や食欲不振などの症状を発症する恐れがあります。

 

くれぐれも、飲み過ぎには注意しましょう。

 

ちなみに、コーヒーが多大な効果を発揮するのは、
片頭痛になります。

 

コーヒーには、カフェインが含まれています。

 

カフェインには、片頭痛の原因でもある
血管の拡張を抑える働きと血管を収縮する働きがあります。

 

その血管収縮作用により、痛みが緩和されるため、
コーヒーに効果があるとされているのです。

 

片頭痛を緩和してくれる効果的なコーヒーの飲み方は、
1回1杯から2杯がベスト。

 

まず、1杯をゆっくりと飲み、
もう一度、カップにコーヒーを注ぎ、
ゆったりした気分で2杯目を飲みましょう。

 

コーヒーブレイクなる言葉がありますが、
コーヒーにはリラックス効果があることが知られています。

 

勉強やお仕事の合間にコーヒーを飲んで「ホッと一息」。

 

これは正にコーヒーの持つリラックス効果によるものなのです。

 

ただし、飲み方には、注意が必要になります。

 

ただただやみくもに飲んでも、
片頭痛が改善されるわけではありません。

 

珈琲に予防効果はありませんので、
片頭痛の症状が発生してから、飲むことをおすすめします。

 


スニーカー通信