肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


急な左側の肩こりの原因は何ですか?

 

肩こりは、血行不良が原因と言われますが、
血行不良は肩こりだけでなく、
様々な症状を引き起こす原因にもなります。

 

その一つに胃痛があります。

 

「最近、胃が痛む」、「胃に不快感がある」などの
症状を感じたことはありませんか?

 

また、何故か両肩が凝らずに左肩だけが凝る、
右肩に比べ左肩の方に痛みが強いなど・・・
感じたことはありませんか?

 

実は、この症状は胃が弱ったことによって
発生する症状だったのです。

 

私達の体は胃と左側の筋肉に、
また、背中の菱形筋と腕の上腕二頭筋が胃と繋がりがあることから、
胃が疲れると繋がりのある筋肉が強張り、
血行不良を引き起こし、肩にこりや痛みを発生させます。

 

仕事や人間関係などで強いストレスを受けた場合、
胃が痛むことがありますが、
その胃の痛みが左肩に強い、
もしくは左肩だけに肩こりの症状がある場合は、
胃が弱っている証拠です。

 

胃が痛む原因は、もちろん、食べ過ぎ、
飲み過ぎが直接の原因となるのですが、
もう一つ、昨今、もっとも増えている原因として、
精神的ストレスが挙げられます。

 

私達が思う以上に胃は敏感です。

 

生活環境が変わったり、
身内に何かしらの深刻な問題が発生したり、
自分自身のことで悩み事があるなどによって、
敏感に反応し、疲労していくのです。

 

よくストレスを発散するためだといって、
甘いものやカロリーの高い食事をされる方がいらっしゃいますが、
これは二重に胃に負担をかけ、胃を傷めつけることにしかなりません。

 

左肩に肩こりを感じた時は、まず、胃を労わることです。

 

消化の良い食事をバランスよく食べ、
胃を労わることで、肩こり改善を目指しましょう。

 


スニーカー通信