肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりが原因でこめかみが痛くなることはありますか?

 

肩こりは、肩や首、背中周辺のこりや痛みだけでなく、
めまいや吐き気、睡眠障害や腰痛など、様々な症状を伴います。

 

こめかみが痛くなる症状も、
肩こりから発生する場合があるのです。

 

こめかみの痛みは、締め付けられるような、
ズキズキとした痛みです。

 

こめかみが痛むと、ほとんどの方が両手の親指や中指を使い、
ギューっと少し強めに押さえ、痛みを取っているのではないでしょうか?

 

こめかみの痛みは、眼精疲労や肩こりから来る
頭痛が主な原因となります。

 

ストレスを感じやすい方は、肩こりになりやすく、
その肩こりでこめかみが痛くなることも(><)

 

こめかみを押さえても、頭痛薬などの鎮痛剤を服用しても、
痛みが改善されない場合は、早めに医師の診察を受けましょう。

 

こめかみは頭に近く、他の病気が隠れている場合がありますので、
度々、こめかみの痛みに悩んでいる方は、早めの受診をおすすめします。

 

こめかみの痛みで怖い病気が、頭骸骨の歪みです。

 

また、蝶形骨(ちょうけいこつ)が
歪んでしまっていることも !

 

蝶形骨とは、私達の大事な頭蓋骨のほぼ中央にあり、
頭の中心となる骨になります。

 

その蝶形骨が歪むと
大事な働きを行わなければならない頭の働きに、
大きな影響を及ぼすのです。

 

ちなみに、ストレスも蝶形骨と関係があります。

 

頭が重くて何も考えられない。

 

いつも何かしらの疲れを感じていて、
そのためにやる気が出ない。

 

これらの症状は、やがて鬱へと進行する恐れがあるため、
早めの治療が必要になります。

 

長引くこめかみの痛みが気になる方は、
早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 


スニーカー通信