肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりが原因で息苦しくなることはありますか?

 

パソコン業務などのデスクワークをしている時、
人混みの中を歩いている時、就寝中などに、
ふと息苦しさを感じたことはありませんか?

 

実はこれ、全て呼吸が浅くなっていることで起こる症状なのです。

 

私達の体には、2種類の自律神経があります。

 

簡単に言えば、興奮させる神経は交感神経、
反対にリラックスさせてくれる神経が副交感神経になります。

 

この2種類の自律神経は、
私達人間が生きていく上でもっとも重要な役目を果たし、
もっとも大切な機能を調整してくれている神経でもあります。

 

呼吸もその一つです。

 

息を吸う時には交感神経が働き、
吐く時には副交感神経が働きます。

 

ですが、肩こりの症状が重くなると、
筋肉が緊張し固くなることにより、
交感神経が興奮してしまうのです。

 

結果、息を吐く作業より、
吸う作業が優位になり、
呼吸が浅くなり、息苦しさを感じるのです。

 

息は吸うよりも吐くことが、大切になります。

 

ですが、体が緊張すると、
息をスムーズに吐き出すことができず、
吸うことに力が入り、交感神経が興奮状態になってしまうのです。

 

呼吸が浅くなると、血行不良を招きます。

 

肩こりは、血行不良が主な原因!

 

正しい呼吸を行うことで、血行が促進され、
肩こりのこり、痛みが楽になります。

 

肩こりで息苦しさを感じている方は、
まず深い呼吸をする練習を行いましょう。

 

就寝前にベッドに仰向けに横たわり、
お腹の上で軽く両手を組んでゆっくりと息を吸い、
ゆっくりと吐き出す動作を数回から10回程度行いましょう。

 

深い呼吸は、自律神経を調整する効果があり、
肩こりに悩む方にもおすすめの呼吸法になります。

 


スニーカー通信