肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりと難聴は関係ありますか?

 

なぜか、ある日突然、耳が聞こえにくくなった!

 

なんて経験はありませんか?

 

これは、突発性難聴です。

 

突発性難聴は、早期の発見、早期の治療が大切です。

 

発症してから2週間以内に治療を始めないと、
回復が難しいと言われる病気でもあるのです。

 

病気はどんな病気でもそうですが、
症状が重くなれば、治癒率は徐々に低下していきます。

 

難聴も、その病気の一つです。

 

気づいた時に病院に行き適切な治療を開始しなければ、
それだけ回復が遅れ、治療が長引く恐れがあるのです。

 

ちなみに、難聴には、全く聞こえないという重症のものから
少し聞こえにくいかなと感じる軽度のものまで様々。

 

ただ、難聴に激しいめまいを伴っていた場合は、
かなり重症の状態となっていますので、
早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 

この難聴が、肩こりと大きな関係があることをご存知でしょうか?

 

肩こりは肩の周辺にこりや痛みがある場合が多いのですが、
肩だけでなく、首や背中周辺にまで及ぶことも少なくありません。

 

また、肩こりには、頭痛を伴う症状がありますが、
単なる頭痛の場合と、側頭部の血行不良が原因の頭痛があり、
側頭部に痛みがある場合は、耳管狭窄を疑いましょう。

 

耳管狭窄は、低音伝音難聴、
もしくは中耳炎を発症している場合もあり、注意が必要です。

 

それから、若者に多いストレス難聴。

 

ストレス難聴は、強いストレスを受けることにより、
寝つきが悪くなり、睡眠障害を引き起こします。

 

疲労が溜まり、血液の流れが悪くなり、
それが原因で突発性難聴を発症することに(><)

 

ちょっと聞こえにくいかなと感じた時は、
早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 


スニーカー通信