肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりに効く痛み止めはありますか?

 

肩こりは、頭痛を伴う場合があります。

 

この頭痛の原因は、主に眼精疲労から来る場合が多く、
目薬、パソコン専用メガネなど、
ドライアイ対策グッズなどが手放せない方も少なくありません。

 

ですが、目薬では肩こりから来る頭痛は治りません。

 

頭痛の痛みは、痛みを取る成分が配合された
頭痛薬でなければ、解消されないのです。

 

さて、その頭痛薬についてですが、
頭痛薬と言えば、やはり、ロキソニンでしょうか?

 

ロキソニンは、一般名をロキソプロフェンナトリウムと言います。

 

区分は解熱鎮痛消炎剤になり、
病院で処方される一般的な頭痛薬としても有名です。

 

ロキソニンとよく似た効果を発揮する市販薬には、
バファリン・セデス錠・イブなどがあります。

 

ロキソニンは、プロピオン酸系の鎮痛消炎剤となり、
バファリンは、アスピリンとアセチルサリチル酸、
ダイアルミネートの合剤となっています。

 

製薬会社が異なれば、当たり前ですが、
名称も配合されている成分も異なります。

 

ですので、服用される際は、
安易にネーミングや価格では選ばないようにしましょう。

 

できれば、病院で医師から処方してもらうのが一番ですが、
ドラッグストアや薬局などで購入する際は、
薬剤師に相談し、購入されることをおすすめします。

 

ちなみに、ロキソニンには、肩関節周囲炎を始め、頸肩腕症候群、
変形性関節症、関節リウマチ、関節症、腰痛症、
手術後・外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛との表示があり、
肩こりに効果があることが記載されています。

 

ただ、薬はどんな薬でもそうですが、
常用し過ぎてはいけません。

 

余りにも痛みが長引く場合は、市販薬で間に合わせたりせず、
必ず医師の診察を受けることをおすすめします。

 


スニーカー通信