肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりに効く健康食品はありますか?

 

パソコンの前で長く画面を見ていると、
眼精疲労を起こし肩こりを発生させることも(><)

 

そんなあなたには、眼精疲労に良いとされる
ブルーベリーがおすすめです。

 

疲れ目には、ブルーベリー。

 

今やテレビCMのおかげで、世間一般に浸透しています。

 

目薬を買い求める際、ブルーベリーが配合された健康食品を
一緒に購入される方も少なくありません。

 

ちなみに、疲れ目に効果があるとされる栄養素には、
ブルーベリーの他、ルテイン、目薬の木などがあります。

 

続いて、肩こりが筋肉の緊張によって発生している場合には、
DHA・EPAをおすすめします。

 

DHA・EPAは、魚から抽出した油になります。

 

私達人間の目の網膜を守り、視力を高めてくれる効果がある他、
神経系の働きを活発にする作用があり、肩こり改善に大きな効果を発揮します。

 

最後に、血行を促進する効果がある健康食品を紹介します。

 

まず、一つ目。

 

カプサイシンという言葉をお聞きになったことはありますか?

 

カプサイシンは、唐辛子の辛味成分になりますが、
その辛みが私達の体を温め、冷え性改善に働きます。

 

また、交感神経を刺激しアドレナリンの分泌を促進するため、
脂肪分解・燃焼にも大きな効果を発揮することが分かっています。

 

肩こり改善、ダイエットの一石二鳥!

 

ダブルの効果をお求めの方は、
是非、カプサイシンをお試し下さい。

 

二つ目は、抗酸化作用をもつビタミンEです。

 

ビタミンEは、動脈硬化を始め、
心臓病、脳卒中を予防する栄養素として有名です。

 

ビタミンEが不足すると、貧血を起こすだけでなく、
神経機能にも支障を来す恐れがあります。

 

一日に必要な量のビタミンEが食生活で摂取できない方は、
健康食品で補うことをおすすめします。

 


スニーカー通信