肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりに効く塗り薬はありますか?

 

肩こりに悩んでも、
病院に行くほどの痛みやこりではない・・・

 

そんな症状の時は、ほとんどの方が
ドラッグストアや薬局などに足を運び、
湿布薬を塗り薬を試してみるのではないでしょうか?

 

特に塗り薬は携帯しやすく塗りやすいというメリットがあります。

 

利用されたことのある方はご存知だと思いますが、
肩こりに塗る塗り薬は、メントールの香りが付けられています。

 

あのスーッとした香りが癒し効果になり、
また、ストレス発散、気分転換になると大評判!

 

特に働く世代の女性たちに高い人気を誇り、
発売以来ベストセラーの商品となっています。

 

ちなみに最近はメントールの香りだけでなく、
ラベンダーの香りが付けられた商品もあるとのことです。

 

男性に人気の塗り薬は、鎮痛成分「フェルビナク」と
血流を促進する成分として「生薬アルニカチンキ」が配合されたものになります。

 

塗るだけで痛む患部へ素早く浸透し、
痛みを緩和する即効性が、男性に受けているとのことです。

 

バンテリン、フェイタス、アンメルツヨコヨコなどは、
発売以来、大人気商品となっています。

 

ドラッグストアや薬局などで、キャンペーンやセールを開催する際、
その期間中の目玉商品の一つとなることも少なくありません。

 

塗った実感が欲しい方は、ロールオンタイプではなく、
ゲル(ジェル)タイプをおすすめします。

 

ロールオンタイプは薄づきですが、
ゲル(ジェル)タイプは長く皮膚の上に留まるので、
深部まで浸透させることができるメリットを持っています。

 

もっと長く皮膚に留めておきたい方には、
軟膏タイプをおすすめします。

 

軟膏は患部に塗り込むため、
浸透性が高いことが最大のメリットとなります。

 


スニーカー通信