肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりに効く市販薬はありますか?

 

肩こりには、様々なこりや痛みがあります。

 

その痛みが我慢できないほどの痛みなら、
病院へ行くことを考えると思いますが、
それほど重傷でない場合は、ドラッグストアや
薬局に行く方が多いのではないでしょうか?

 

ドラッグストアや薬局に行くと、
肩こりのコーナーを設置している店舗もあるほどです。

 

さて、そのドラッグストアや薬局なで購入すると言えば、
湿布薬、筋肉弛緩剤、もしくは鎮痛薬でしょうか?

 

これらの薬のメリット、デメリットについて説明したいと思います。

 

まず、一番効果のあるとされる筋肉弛緩剤についてですが、
こちらの薬は、緊張して硬くなった筋肉を和らげることを目的とした薬になります。

 

肩や首の周辺に強い痛みがあり、腕を動かすのもツラい状態の時は、
この筋肉弛緩剤がおすすめです。

 

ですが、副作用として、眠気、集中力の低下、
脱力感などの症状がありますので、
運転業務の方は、服用に注意が必要です。

 

続いて、もっとも一般的な薬として使用される湿布薬についてです。

 

湿布薬には温感タイプと冷感タイプの2種類があります。

 

慢性化した痛みがある場合は温感タイプを、
急激な痛みには冷感タイプを貼ります。

 

最大のメリットは、即効性があることです。

 

鎮痛消炎成分”インドメタシン”が、
痛みの原因物質にダイレクトに浸透し、痛み・炎症を緩和してくれます。

 

最後は、内服薬です。

 

肩こりの原因は、筋肉疲労による血行不良が主な原因です。

 

その筋肉疲労に効果があるのが、ビタミンです。

 

中でも、ビタミンB1、B6、B12といったビタミンB群は、
肩こりの改善には必須のビタミンになります。

 

国内大手メーカーから、ビタミンB群に
ビタミンEがプラスされたものが多数販売されていますので、
試してみてはいかがでしょうか?

 


スニーカー通信