肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりで労災保険は使えますか?

 

肩こりに悩む人の数は年々増えていますが、
その需要に合わせ、ドラッグストアや
薬局などで販売される市販の治療薬の種類も、
年々増加の傾向にあるとのことです。

 

お仕事でパソコン業務を行う方は、
肩こりのこりや強い痛みで、
寝付けない日々を送る方も少なくありません。

 

どのような薬を選べば良いか、
悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

特に、慢性化した肩こりの症状をお持ちの方は、
市販されているほとんどの薬を試している場合があり、
大いに悩むことと思います。

 

さて、会社でパソコン業務を行っているうちに
肩こりのこりや痛みに遭遇した場合、
労災は適用されるのでしょうか?

 

「会社での業務によって発症した症状なので、
労災は適用できるのでは?」と思いがちですが、
実は、このような場合には、労災保険は適用されません。

 

その理由は、肩こりの症状は、
会社の中でだけ起こる症状ではないからです。

 

毎日の生活の中で、肩こりの症状を発症する可能性が高く、
会社だけの症状であるとは、言い切れないことがその理由です。

 

会社の業務中に交通事故に遭い、
その交通事故が原因で何らかの症状が発症した場合は、
間違いなくその症状が交通事故によるものであると
医師が証明してくれるため、労災が適用されます。

 

ですが、肩こりの場合は、
会社以外でもパソコンを使用する場合があります。

 

また、家事や育児などで肩こりの症状を発生している場合があり、
会社での仕事が原因だと断言はできません。

 

もし、会社でのパソコン業務が原因で肩こりの症状を発症したのでは?
と思われる理由がある際は、会社の担当者にその旨を伝え、
相談されてみてはいかがでしょうか?

 


スニーカー通信