肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりで健康保険は使えますか?

 

年々、年齢を重ねる度に酷くなるのが、
肩こりや腰痛の痛みです。

 

厚生労働省によれば、男性は腰痛の症状で、
女性は肩こりの症状に悩む人がもっとも多く、
それらの症状の治療を行うために病院に通っている人は、
今や3人に1人と言われています。

 

肩こりや腰痛の症状は、骨折や打撲と違い、
いきなり生活に支障を来す症状ではありませんが、
悪化させてしまえば、日常生活に支障を来し
健康を損なうきっかけになることも(><)

 

ですから、肩こりは、早めに医師の診断を仰ぎ、
治療を開始することが肝心です。

 

そのためには、相性の良い医師を探すことですが、
肩こりの治療は、1回2回では完治しません。

 

長くかかることを考え、
健康保険が使える治療院での治療をおすすめします。

 

健康保険が使える治療院と言えば・・・
整形外科を始め、接骨院、鍼灸師、
あん摩マッサージ指圧師が開業・常駐する治療院があります。

 

街中には、「各種健康保険使えます」
と書かれた看板を見ることがありますが、
整体・マッサージを行う治療院では、
健康保険が適用されないことをご存知でしょうか?

 

接骨院、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師などは、
必ずしも肩こりの症状を治療できるわけではないでのす!

 

保険適用と書かれていても、
全ての症状に適用されるわけではありません。

 

ですから、肩こりで治療院を訪れる際は、
まず健康保険が使えるかどうかを確認することをおすすめします。

 

ちなみに、健康保険を適用するには、事前に厚生労働省に届出を出し、
”保険医療機関”の認定を受けなければなりません。

 

健康保険が適用されるには様々な条件があり、
それをクリアしなければならないのです。

 


スニーカー通信