肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりは揉むと治りますか?

 

肩こりは、接骨院や整形外科などに行き、
整体やマッサージを受ければ楽になると仰る方がいらっしゃいます。

 

ですが、肩こりに熟知した整形外科医は、
「肩こりは揉めば揉むほど、酷くなる」と言います。

 

その理由は、強く揉むことで皮膚を硬くし、
分厚くしてしまうからです。

 

揉んだ後に皮膚が赤くなりますが、
それは、血行が促進されたからではありません。

 

赤くなった理由は、揉まれたことによって、
皮膚が炎症を起こしたからなのです。

 

詳しく説明しますと、揉み返しは、
筋肉疲労を起こした筋肉を揉むことにより、
皮膚にある繊維、毛細血管を破壊し、
その破壊によって炎症を引き起こすのです。

 

肩こりで、痛みやこり、倦怠感などの症状を感じるのは、
炎症によるものだったのです。

 

この揉み返しを好転反応だと仰る方もいらっしゃいますが、
揉むという行為は皮膚の組織を破壊する行為となる場合があり、
はりや痛みを改善させるための治療であるとは言い切れません。

 

ですが、揉む人によって、反応には個人差があります。

 

痛む箇所を押す力や向き、押し方によっても、
揉んだ後の症状は変わってくるとのことです。

 

いわば、施術師の腕次第とも言えるのです。

 

腕の良い施術師に出会える可能性は、そう高くありません。

 

一度二度と揉んでもらううち、体が慣れてしまい、
皮膚が炎症を起こすことも(><)

 

肩こりの症状を改善するには、
原因を突き止め、その原因を取り除くことが肝心です。

 

マッサージや整体だけに頼らず、
肩こりの最大の原因と言われる血行を促進し、
腕や肩の筋肉を和らげる効果のある運動を定期的に行うことをおすすめします。

 


スニーカー通信