肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こりと五十肩の違いは何ですか?

 

肩こりと間違いやすい症状に、
四十肩・五十肩なる症状があります。

 

「え?!同じじゃないの?」と
ビックリされたのではないでしょうか?

 

実は、よく勘違いされるのですが、
肩こりと四十肩・五十肩では、痛む部位に違いがあるのです。

 

違いを分かりやすく説明しますと、
肩こりは首や肩の筋肉に問題があり、
四十肩・五十肩は、肩関節に問題があるのです。

 

40〜50代の方々が肩にこりや痛みを感じると、
もしかして、四十肩・五十肩ではないかと真っ先に疑っていませんか?

 

その痛みを少しでも楽にしようと、
ドラッグストアや薬局などで購入した湿布薬や塗り薬を使用して、
改善を試みる方も少なくありません。

 

ですが、もし、その痛みが長く続き、
湿布薬や塗り薬を試みてもなかなか改善されない場合は、
四十肩・五十肩を疑いましょう。

 

肩こりであれば、首や肩のこりがほぐれ、
血行が促進されると、痛みは徐々に緩和されてきます。

 

ですが、その痛みが続く場合は、
首と肩周辺の筋肉が問題になっているのではなく、
肩にある関節から痛みが発生しているかもしれないのです。

 

四十肩・五十肩は、肩の関節に問題があるため、
腕を思うように動かすことができません。

 

ですが、関節にある痛みの原因に対し、
適切な治療を行えば、完治させることができるのです。

 

ちなみに、五十肩なる言葉は、
江戸時代から普通に使用されていた言葉だそうです。

 

はるか昔の日本人も、五十肩の痛みに悩み、
眠れない夜を過ごしていたのでしょうか?

 

現在のような医療技術がなかった時代に生きた人々の苦悩は、
現代に生きる私達には想像できない苦労があったのかもしれません。

 


スニーカー通信