肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


経皮吸収型鎮痛消炎剤

 

経皮吸収型鎮痛消炎剤は、
肩こりなどではり、痛みのある部位の炎症を抑え、
痛みを取るために使用する薬になります。

 

皮膚表面に貼ったり、塗ったりすることにより、
薬の成分が皮膚に浸透し、
患部の痛みを取る効果が得られるのです。

 

口から摂取する内服薬と違い、
胃や腎臓を傷めるなどの副作用の心配がありません。

 

ですが、皮膚の弱い方が使用する際は、
赤みやかぶれなどの皮膚炎を起こす可能性があるため、
注意が必要になります。

 

因みに、医師から処方される薬には、
口から服用する内服薬を始め、注射、坐薬、外用薬の4つがあり、
症状を診た医師の判断によって処方されています。

 

現在、ドラッグストアや薬局などで販売されている
肩こりの痛みを緩和、改善する外用薬には、
水分が含まれたタイプのパップ剤、水分を含まないテープ剤、
直接患部に塗るタイプの軟膏剤、
爽やかな使用感のあるスプレータイプがあります。

 

どのタイプもそれぞれにメリットはありますが、
パップ剤は伸縮自在となっていて、
どの部位にも貼れる自由さを持っています。

 

続いて、テープ剤についてですが、
テープ剤はパップ剤と違い、水分が含まれていません。

 

ですので、パップ剤に比べ薄いこと、
貼り心地が軽く粘着性に優れているというメリットがあります。

 

こちらもパップ剤同様、冷感タイプ、
温感タイプ、無臭性タイプと揃っています。

 

最後は、軟膏剤、スプレータイプについてです。

 

軟膏剤、スプレータイプは、いつでもどこでも簡単に塗れ、
スプレーすることができます。

 

痛む患部に直接つけるだけの簡単ケアですので、
いつでもどこでも使用できる手軽さが人気で、
様々な商品が開発されています。

 


スニーカー通信