肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


筋弛緩剤

 

肩こりで病院を訪ねると、漢方薬でと注文すれば葛根湯が、
通常の医薬品なら筋肉弛緩剤が一般的な治療薬として処方されます。

 

筋肉弛緩剤と聞くと何だか体に悪いような?

 

マイナスのイメージを抱く方もいらっしゃいますが、
実はそうではありません。

 

医師の診察を受けた上で処方された筋肉弛緩剤であれば、
肩こりの痛みに有用な薬であり、
体に何らかの悪影響を及ぼすような危険性はありません。

 

ですが、筋肉弛緩剤注射は、少々勝手が違うようです。

 

筋肉弛緩剤注射を打たれたことがある方は分かると思いますが、
この注射は肩こりの痛み、はりがある部位に直接注射すると、
まるで羽が生えたのでは?!と勘違いするくらい、
肩のはり、痛みが消え、軽く感じるそうです。

 

しかも、その効果の持続時間は、約1週間!

 

あの重苦しい肩こりの痛みが、一度の注射で軽くなるのであれば、
何度もその感覚を味わいたいと病み付きになるのもよく分かります。

 

ですが、効果が高いということは、
危険性が高いことも視野に入れておかなければなりません。

 

どんな薬でもそうですが、ある一定の量を超えれば、
何かしらの危険が伴うことは覚えておきましょう。

 

因みに、現在、病院で処方されている後発医薬品筋肉弛緩剤には、
ミオナールを始め、テルネリン、アロフト、リンラキサー、ムスカルムの他、
精神安定剤として、また腰痛の治療薬としても処方されるエチゾラムがあります。

 

軽度の眠気を感じる副作用はありますが、
他の病気の治療薬として処方される薬に比べると、
強い副作用はないとのことです。

 


スニーカー通信