肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


ポンタール

 

風邪を引いた際、微熱がある時に処方される一般的な薬に、
ポンタールがあります。

 

風邪を引き、微熱がある時に、
このポンタールが処方されたことはありませんか?

 

風邪だけでなく、肩こりのこり・痛みで病院を訪れた際、
肩こりの症状を緩和する処方薬としても、ポンタールが処方されていますが、
その理由は、ポンタールの持つ解熱鎮痛作用にあります。

 

ちなみに、ポンタールは商品名であり、
医学的にはメフェナム酸と呼ばれています。

 

私達の体は、何らかの原因によって痛みが発生します。

 

健康な方でも、長時間同じ姿勢で過ごしたり、
疲労がたまり、その疲労の回復が遅い時など、
体に何らかのトラブルが発生するのです!

 

当たり前と言えば、至極当たり前の話なんですが、
痛みは何らかのトラブルにより、
痛み物質が生成されることによって起こるのです。

 

鎮痛作用を持つポンタールは、
痛み物質の生成を抑制する効果があるため、
痛みが取り除かれるのです。

 

成人の場合は、1日2回、
1日最高投与量は1500rとなっています。

 

小児の場合は、服用しやすいシロップがあり、
朝晩の2回服用が基本となっています。

 

腎臓・心臓などに障害がある方や重い高血圧症の方、妊娠中、
アスピリン喘息の方などは、服用に注意が必要です。

 

不安のある方は、その旨医師に相談し、
不安を無くしてから服用されることをおすすめします。

 

副作用として、胃潰瘍などの胃腸障害があるとのことです。

 

胃の弱い方、今まで薬で胃腸障害がある方は、
他の薬をお願いした方が良いかもしれません。

 


スニーカー通信