肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


デパス

 

肩こりの症状が重くなると、
人は寝つきが悪くなり、睡眠障害に陥ります。

 

もちろん、症状が重くてもぐっすりと眠れる方もいらっしゃいますが、
ほとんどの方は、その痛みやこりのせいで夜中何度も目が覚めてしまい、
ぐっすりと眠ることができません。

 

そんな方に処方されるのがデパスです。

 

デパスは、一般的には、
うつ病や不安、神経衰弱、不眠症などの
心身疾患の精神安定剤として処方されます。

 

ですが、筋肉を弛緩させる効果があるため、
肩こりの薬として処方されているのです。

 

肩こりは、筋肉が緊張することによって発生します。
ですので、精神的にも肉体的にもリラックス効果のあるデパスを用いれば、
こりや痛みといった肩こりの症状を緩和、改善することができるとのことです。

 

デパスは、日本国内において、もっとも有名な精神安定剤であり、
その効能は肩こりだけでなく、腰痛を始めとする
体全身の関節痛にも効果があることが知られています。

 

また、デパスの一般名はエチゾラムです。

 

効能は、日常生活における緊張や不安、
神経衰弱、抑うつなどによる睡眠障害の改善、
心身症の緩和、改善となっています。

 

ちなみに、もっとも有名な薬であるデパスの後発医薬品には、
エチカーム、エチセダン、エチドラール、エチゾラン、セデコパン、アロファルム、
グペリース、デゾラム、サイラゼパム、パルギン、カプセーフ、モーズン、
デムナット、メディピース、ノンネルブなど、様々な薬が発売されています。

 

後発医薬品の豊富さを見れば、
需要の高さが分かるのではないでしょうか?

 


スニーカー通信