肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


フェルビナク

 

肩こりに効果があるとされる鎮痛消炎剤にフェルビナクがあります。

 

フェルビナクが配合された代表的な商品には、
フェイタスがあります。

 

フェイタスは、微香料・無着色なので、
安心して外出できます。

 

また、タテ・ヨコ自由自在の伸縮性のあるテープ剤を始め、
湿布薬、塗るタイプのローションタイプ、
マッサージしながら塗りこめるクリームタイプ、
チックタイプ、乾きの早さが魅力のゲルタイプなど
種類の豊富さがメリットとなっています。

 

塗った際、爽やかな爽快感・清涼感があり、
その使い心地が気に入りリピートする方も多いとのことです。

 

では、フェルビナクについて簡単に説明します。

 

フェルビナクは、痛む患部に素早く浸透し、
シクロオキシゲナーゼなる酵素に直接作用して、
痛みの原因となる物質を阻害し、
痛みを緩和させる効果がある成分になります。

 

ちなみに、一般的に鎮痛消炎剤として用いられるインドメタシンは、
アリール酢酸系非ステロイド抗炎症剤、
フェルビナクは、非ステロイド系の鎮痛剤となっています。

 

フェルビナクには大きな副作用の心配はありません。

 

ですが、以前に使用した際、肌に赤みや痒み、痛みなどの刺激を感じたり、
発疹・湿疹などの皮膚炎の発症した経験のある方、
また、アスピリン喘息の方、以前にその既往歴のある方に関しては
注意が必要です。

 

それから、一部の患者さんからの投稿ですが、
気管支喘息のある方がフェルビナクを使用し、
喘息の発作を誘発するきっかけになった経験があるとのことです。

 

使用を禁止するほどではありませんが、
慎重を期する扱いが必要のようです。

 

不安、心配な点がある方は、
医師に相談の上で使用されることをおすすめします。

 


スニーカー通信