肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


トリプタノール

 

精神疾患が原因で肩こりの症状が発生している場合、
トリプタノールを処方されることがあります。

 

トリプタノールは、主にうつ病や摂食障害、パニック障害、
片頭痛、神経系の痛みがある時に処方される薬となっています。

 

日本においては、もっともポピュラーな
抗うつ剤の一つであると言えます。

 

ちなみに、この薬は1961年に認可が下りています。

 

1961年と言えば54年前です!

 

54年も前から一般的に用いられてきた、
長い歴史をもつ薬でもあるのです。

 

その長さを物語るのが、ジェネリック医薬品と言われる
後発医薬品の多さになります。

 

ノーマルン、アミプリン、ラントロン、アトリプタールなど、
数多くのジェネリック医薬品が出ています。

 

医師によれば、このトリプタノールは、
抗うつ剤としては最強で敵なしの抗うつ剤だそうです。

 

そう言われる所以には、長期に処方しても、
腎臓への負担が少なく安全性が高いことが挙げられます。

 

ただし、効果を実感できるまで、少々時間がかかります(><)

 

早期に改善したいのは山々ですが、
効果を感じるには、最低でも1ヶ月の服用が必要です。

 

その間、口の渇きやめまい、ふらつき、便秘、不整脈、
体重増加などの副作用の症状を感じる方もいらっしゃるとのことです。

 

最後に服用する際の注意点についてですが、
トリプタノールは、一回の服用で効果は24時間持続可能です。

 

一般的な薬のように朝昼晩の3回に分ける必要はなく、
1回に1日分を服用することができるとのことです。

 

1回に1日分?!と聞けば、胃が荒れるのでは?
と不安になると思いますが、安心して下さい。

 

服用しても、胃を荒らす心配はありません。

 

ですので、食事を摂らずに服用しても
何ら問題はありません。

 


スニーカー通信