肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


メチコバール

 

女性特有の病気の一つである更年期障害には、
めまいを始め、動悸、ほてり、のぼせ、多汗、
肥満、むくみなどの症状があります。

 

ですが、昨今増えている肩こりや腰痛も、
更年期障害の症状になることをご存知でしたか?

 

肩こりには、強いこりを感じる人、痛みやはりがある人など、
症状は、人それぞれに感じ方が違っています。

 

更年期障害の大きな原因は、
ホルモンバランスの乱れになります。

 

ホルモンバランスが乱れることで自律神経が乱れ、
その影響で血流が悪くなり、肩こりが発生しているのです。

 

肩こりは、症状が軽いうちは安易に考えてしまい、
そのまま放置し、慢性化させてしまう方も少なくありません。

 

肩こりが長引くと、頭痛を伴うこともあり、
日常生活に支障を来す方も少なくないのです。

 

まだ軽い症状のうちは、
痛む患部を温めるだけで緩和されますので、
蒸しタオルや使い捨てカイロなどで応急処置ができ、
改善することができます。

 

ですが、慢性化した肩こりは、
応急処置だけでは改善できません。

 

そこで登場するのが、筋肉弛緩剤です。

 

筋肉弛緩剤と言えば、「メチコバール」が有名です。

 

「メチコバール」は、硬くなった筋肉をほぐし、
患部の痛みを緩和させる作用があり、
病院で処方される一般的な薬となっています。

 

ただ、服用に際して、一点だけ注意があります。

 

筋肉弛緩剤は、肩こりの症状を緩和する薬となっているのですが、
緩和させるために服用しているのにも関わらず、服用を続けることで、
肩こりの症状を重くしてしまう恐れがあるのです。

 

ちなみに、同様の成分が配合された薬は、
ナボリンEB、アクテージAN錠があります。

 


スニーカー通信