肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


肩こり解消の入浴法

 

昨今、肩こりに悩まされてる方が増えたおかげか、
自宅で温泉気分を味わえる入浴剤の販売が伸びているそうです。

 

肩こりを改善するには、体の緊張をほぐし
筋肉を和らげてあげることと、
血行を促進することが大切です。

 

その二つの効果を持っているのが、
お風呂の最大のメリットなのです。

 

では、肩こりを解消できる入浴法について、
説明したいと思います。

 

まず、お風呂の温度は、
40℃前後に設定しておきましょう。

 

「40℃は温ぬるいのでは??」

 

「体を少しでも早く温めたいので、
41〜42℃に設定してる。」

 

これは、大きな間違いです!

 

体の緊張をゆっくりとほぐし、
しっかりと温めるためには40℃が適温!

 

40℃前後のお湯でゆっくりと体を温めることが、
肩こり解消のコツなのです。

 

お風呂の温度設定を40℃にして湯船に浸かったら、
15〜20分間、ゆっくりと肩まで浸かりましょう。

 

体が温まりじんわりと汗がにじんでくれば、
次は、湯船でできるストレッチを始めます。

 

ただ浸かるだけでは、なかなか解消できません!

 

15〜20分浸かることとストレッチで、
更に効果的な入浴法となるのです。

 

ちなみに、肩こり解消のストレッチは2つ。

 

一つ目は、両肩を上に上げて、
力を抜きながら下におろす動作を10回程度。

 

二つ目は、上げ下げの後、肩をぐるぐると回す動作を
10回程度行えばストレッチ終了です。

 

また、お風呂はほとんどの方が
夕方から夜にかけて入っていると思います。

 

でも、肩こりの症状が重い方は朝晩の2回入浴し、
血行を促進効果を倍増してみてはいかがでしょうか?

 


スニーカー通信