肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


デパス

 

肩こりの痛み、はりの症状で病院の診察を受けると、
「デパス」という薬を処方される場合があります。

 

ですが、「デパス」は、
肩こりの痛みを緩和する鎮痛薬ではありません。

 

「デパス」は、精神安定剤の薬になるのですが、
筋肉を弛緩させ、血行を促進する効果があるため、
肩こりの症状を緩和させる薬として使用されています。

 

また、精神を安定させ、筋肉の緊張をほぐす効果が期待できる薬として、
肩こりの症状を改善する薬として処方されているとのことです。

 

どんな薬でもそうですが、
医師から処方された薬を服用する際は、
医師の指示を守って服用することがもっとも重要です。

 

副作用が少ない薬でも間違った方法で服用すれば、
何らかの副作用を発生することを頭に入れておきましょう。

 

昨今は、薬を少しでも安く手に入れるため、
個人輸入で購入される方が増えています。

 

ですが、「デパス」に限らず、
どの薬にも何らかの副作用があります。

 

ですので、できれば医師の診察をきちんと受けた上で、
医師から処方される薬を服用し、
症状を改善されることをおすすめします。

 

「デパス」は精神安定剤ですので、
うつ病や自律神経失調症などの症状の患者さんに処方されており、
他の薬に比べれば副作用が少ない薬と言われています。

 

ですが、体質によっては、
眠気や脱力感を感じることがありす。

 

特に、注意しなければならないのは、
アルコールを飲んでいる時に服用することです。

 

「デパス」の持つ緊張を緩和させる作用が、
アルコールが持っている中枢神経抑制作用と調和すると、
循環器不全、呼吸不全といった死に至る副作用を発症することも(><)

 

副作用のリスクを軽減するには、
2時間以上の時間を空けてから服用することをおすすめします。

 


スニーカー通信