肩こりの原因・解消法・治療法・薬・症状

あなたは、肩こりを治そうとしてマッサージをしたり、薬を飲んだり、解消グッズを使ったりしていませんか?


間違った方法で肩こりを治そうとすると、どんどん症状が悪化するって知っていますか?


実は、病院や整体院、鍼灸院に行くことなく、自宅である簡単なことをするだけで慢性的な肩こりや四十肩、五十肩を解消出来るって知ってましたか?


延べ9万人の患者を救ってきた、首・肩こりの治療法があるのです。


長年酷い肩こりに悩まれてきた私が根本から肩こりを治した方法とは?


リーゼ

 

肩こりで病院に行くと、
「リーゼ」という薬を処方される場合があります。

 

この「リーゼ」の効能・メリット・副作用ほかについて、
説明したいと思います。

 

「リーゼ」は、一般的には、うつ病を始め、
強迫神経症、自律神経失調症など、
心身症の患者さんに処方されています。

 

「リーゼ」は、心身症の症状である緊張、不安、抑うつ、
睡眠障害などの症状を改善します。

 

また、自律神経失調症の症状である肩こり、
めまい、食欲不振などの症状を改善する作用を持っているために、
心身症の患者さんに処方されているのです。

 

ただ、「リーゼ」を処方され、
痒みや発疹などのアレルギー症状が発生した場合、
妊娠中・授乳中の方、緑内障、重症筋無力症などで
他の薬が処方されている患者さんに対しては、
何らかの副作用が発生する恐れがあるため、
処方されない場合があります。

 

もし、医師から「リーゼ」を処方され、
市販の薬との併用をお考えの方は、
服用する前に医師に相談し、
許可を得てから服用することをおすすめします。

 

ちなみに、「リーゼ」を服用する際は、
成人1回1〜2錠、1日3回服用が基本となっていますが、
患者さんの症状、年齢などにより、
増減することもあるとのことです。

 

最後に、服用する時の注意点についてですが、
眠気や集中力低下、倦怠感などの症状が発生することがあります。

 

ですので、「リーゼ」を服用した後は、
車の運転、お仕事などで機械を動かすなどの業務のある方は、
業務に支障を来す可能性がありますので服用に注意が必要です。

 

また、眠気、倦怠感以外に何らかの症状が発生した場合は、
すぐ使用を中止、医師に相談することをおすすめします。

 


スニーカー通信